茶楽園について

茶楽園について

茶楽園は、朝宮茶を無農薬・無化学肥料で育てるお茶農家

 

私がお茶を育てる”茶人”になったのは、今から6年前。

もともと大阪で美容師として働いてましたが、美容室で使用していた薬品が肌に合わずアレルギーの症状が。。。美容師の仕事は自分のやりたいことだったので、薬品アレルギーの症状がでていても根性で続けていたが、ある人との出会いで、自分には植物に関わる仕事が向いているんじゃないかな、と思うように。

それからしばらくして、美容師として働くことをやめて植木屋と林業、そして、お茶の木の刈り職人として働きはじめました。5年ほどお茶の刈り職人の仕事を続けていた私に、1人のお茶農家さんのが「自分の茶畑を継がないか?」と声をかけてきた。

これが”茶人”相楽と『茶楽園』の始まり

[茶化す]・[茶を濁す]・[無茶]

日本語には、たくさん「茶」という言葉が出てきます。これは、お茶の文化が古くから日本では根付いていた証だと言えます。けれども最近の私たちは、ほとんどペットボトルのお茶しか飲まないようになってきています。忙しい毎日を送る、私たち日本人にとってペットボトルのお茶は確かにすごく便利です。

でも、、

「友人が遊びにきたときには、こうやってお茶を淹れておもてなしする文化をまた作っていきたいです」

茶人 相楽 顕一